ドイツ情報

ドイツでの移動手段 🚉

ドイツにはドイツ全土を走るDB (Deutsche Bahn : ドイツ鉄道) と各都市それぞれ私鉄があります。私の住んでいるKölnの鉄道はKVB (Kölner Verkehrs Betrieb : ケルン交通会社) が運営しています。その他には高速バス (FlixBus, Megabus…)や乗り合いの車 (Bla Bla Car)などあります。

私がドイツに来てすぐの頃、どのチケットでどの電車に乗れるのかなどわからなかったので、よくインターネットで調べました。しかし、調べてもよくわからない🤔 言語の問題だと思っていたけど、ドイツ人の友人がこんなの読んでもわからないから、直接聞いた方が良いと言ってました… どうやらサイトそのものが分かりにくい構造になってるようです😑

実際は複雑では無く、東京と比べたら本当にシンプルです。慣れてしまえば簡単で、他の都市も同じようなシステムなのでどこへ行ってもさほど困りません。

高速バスなどは、ほぼ日本と同じで、インターネットサイトで予約してモバイルチケットやeチケットを提示して乗ります。特別なことは特に無いと思うので特には説明しませんが、質問等ございましたら直接メッセージをいただければ返信致します。お気軽にどうぞ😉

そんなことで今回はドイツ鉄道DBとケルンの私鉄KVBについてざっくり説明します⭐️

 

 

はじめに大まかなルール

ほぼ全てのチケットは自動券売機で買えます。私の知る限りでは全ての券売機で英語表記を選べます。⚠️ケルンではの話です⚠️

ドイツには改札が無く、時々電車やバスで抜き打ちでチェックが行われます。それはコントロールと呼ばれていて、チケットを持って無いともちろん降ろされ、60€の罰金を払う事になります。 月の変わった時、特に最初の週など特に多くのコントロールが行われます。チケットを買い忘れてる人がたくさんいるので実施しているようです。もちろんチケットを買うのですが、たまにぼんやりしていると忘れるので気をつけましょう。

それと、一応携帯電話で話してはいけないというルールはないのですが、マナー的な面でやめておいた方が良いです。不快に思ってる人の方が圧倒的に多いのと、うるさいとかで言い合いになっていることもあります。

 

KVB -Kölner Verkehrs Betrieb : ケルン交通会社

ケルン市内の路線マップ

オレンジ色の線で囲まれているのがケルン市内で、1b(⬇️の料金表)の範囲内です。

右下の緑の枠の表は電車の種類などが書かれています。

U Stadtbahn : 地下鉄とトラム <KVB>

S Bahn / RE RB / DB : 都市高速電車/近距離列車/長距離列車 <DB>

一応バスも、でも滅多に見ません。バス停多すぎて分かりづらいので、ほとんどインターネットで調べます。

バスに乗る時、基本ケルンではコントロールが来た時にチケットを見せますが、20時以降に乗る場合は乗車時に見せるルールになっています。

近くの街、Bonn, Siegburg, Aachen などでは基本的にはいつもに乗車時に提示します。

 

料金表 と 行ける範囲

このチケットでU-Bahn地下鉄、 StraßenBahnトラム、 Busバス、S-Bahn都市高速電車、RE/RB近距離列車などほぼ全て乗車できます(ICE, ICと特殊なバス以外)。

DBとKVBは別の会社であるにもかかわらずチケットは共通です。会社が違かったらチケットは別じゃないの❔日本で言ったら、JRと小田急線が同じチケットで乗れて、新幹線だけは乗れないよって感じです。🙂

券売機で片道チケットを買った場合は、買った時刻のが既に表記されているので不要ですが、回数券など時刻が表記されていないチケットを使う場合は、乗る直前もしくは直後に刻印機で時刻を刻印する必要があります。これはケルンでのことで、都市によって違うので、初めて行った場所では買ったチケットに時刻が表記されているか確認するようにしましょう。

地下鉄やトラム、バスの中には券売機、刻印機が有るのですが、DBの電車(S-bahn/RE/RB)の車内には券売機も刻印機も無いので乗る前に買うもしくは刻印するのを忘れないように気をつけましょう。大抵券売機の横に刻印機があります。

K〜7は範囲を表しています。Kはkurz短いという意味で、バスまたは地下鉄、トラムで4駅移動できます。1bはケルン市内、それ以降は大体の目安として、2bでLeverkusen、3でBrühl (世界遺産のお城があります、庭園が綺麗なにで春夏にオススメです🌷)、4でBonn、5でDüsseldorf、7でAachenに行くことができます。

チケットの種類について🎫

EinzelTicket (Erwachsene/Kinder):一回券(大人/子供) ∗片道で引き返すことは出来ない。券売機で買った場合、買った時間が既に表示されてるので刻印は不要。買ってから一定時間しか乗れないので、乗る直前に買いましょう。

4erTicket:4回券  ∗乗る直前か直後に刻印機で刻印をする。

TagesTicket (1 Person / 5 Personen): 一日券 (1人/2〜5人まで)

WochenTicket:1週間

MonatsTicket:1ヶ月

Formel 9Ticket:1ヶ月 平日は朝の9時から翌日3時まで、週末は終日

Abo:年間定期購入

AnschlussTicket: 一週間、1ヶ月、9時以降の1ヶ月などののチケットを持っている人が利用出来る。3‚60ユーロで行ける場所が増えます。例えば、持っているチケットとAnschlussTicketでBonnまで行けます。普通のチケットで行く場合、の範囲なので7‚80€します。半額以下で行けるので是非利用しましょう。去年まではこのチケットでDüsseldorfに行けたのですが、今年から行けなくなってしまいました。Düsseldorfまでは片道11‚40€するので残念です。😢ちなみにこのチケットでAachenへは行けません。前に知らなくて行ってしまい、帰りのチケットが買えなくて、駅員さんに聞いた時に発覚しました。

SchönerTagTicket: このチケット便利でたまに使います。ノルト-ライン-ヴェストファーレン州のICEとI

C以外が乗り放題でこの金額です。一人だと30€、5人で44€。安いです。

⚠️どのチケットも自動券売機で買えるのですが、1週間/1ヶ月チケットを利用する時はKundenkarteというカード入れにチケットを入れて無いといけません。それと券売機でチケットを買った場合、6桁のKundenNummer(お客様番号)がカード入れに書かれていて、チケットにその数字を書く欄があるので間違わないようボールベンなどで書き写しましょう。コントロールがきた時、その数字が合っているかを確かめます。ちなみにカード入れ無しでは無賃乗車扱いになるそうです。カード入れは中央駅、Neumarkt, EhrenfeldなどのKVB窓口でもらえます。

 

私の日本人の知人で無賃乗車の常習犯がいるのですが、リスクも多いし恥ずかしい事なので止めて欲しいです。そういうところで節約なんてしても、結局何か他のところで思わぬ出費が発生してしまうものです。一回無賃乗車に成功してしまうと、払う事が馬鹿馬鹿しいと思うようになると聞いた事があります。きっと彼もそうなってしまったのでしょう。残念です。他には、いつも財布に回数券を入れておいて、コントロールが来たら忘れてたふりをして刻印すると言っていた人もいました。そんなせこい事本当にやめましょう!しかも、本当に忘れてたのなら残念ですが、大抵うまくいきません。🙁

 

DB 長距離列車

ICE:インター シティ エキスプレス

IC:インター シティ

 

 

 

 

 

新幹線のような電車です。

ケルンからフランクフルト 1時間、ハンブルグ 4時間、ベルリン5時間、大体これくらいの時間で移動できます。

ドイツ国内だけでは無く、ベルギー、フランス、オランダなどにも直行便が出ています。

金額はフランクフルトまで最速の便を利用の場合72€と割高ですが、事前に予約すればかなり安くなります。フランクフルトまでなら2週間前までに予約が出来れば、ほぼ確実に19,90€でチケットを買うことができます。1/3以下です。

DBのアプリを登録して、携帯チケットを利用するのが一番簡単なのですが、日本から買えなかったと言う話を聞いたので、日本ではパソコンのサイトから買わなくてはなりません。あと、ドイツ在住でもSIMカードを使わず、W-LANでのみインターネットを利用している場合も、アプリの登録はできますが携帯のアプリでは買うことは出来ないようです。

携帯の場合、DB Navigator というアプリをダウンロードして⬇︎のように左から順に、Sparpreis-Finderを選び、出発地、目的地を選んで行きます。お支払い方法クレジットカードかネットバンキングで振り込むかを選べます。

パソコンのサイトからの場合こちらから“DB Navigator sparpreis “

コントロールがきたら、Mobileチケットあるいはeチケットと一緒にお支払いで使ったカードを見せます。パスポートなどの身分証明書が必要な事もあります。

 

感想、体験談

DBもKVBもあまり時間には正確じゃない、もはや遅れてでも来てくれたら嬉しいと言っても冗談にならないレベルで、いいかげんマイペースです。時刻表は目安です。😅

最低1年に1回以上はストライキをします。まさかの学校の卒業試験の日にされた時なんてもう最悪です。👊💢

バスなんて遅れるならまだしも、早く行ってしまう事も。目の前でバスが通り過ぎてく悲しさ。😭

トラムが道間違えて、次の駅で全員強制下車なんて事も…

電車の遅れのアナウンスも、「5分から30分の遅れです」って 時間の幅広いな…

このようなことが日常茶飯事、もはやこれが通常です。🚃

って、悪口ばっかり言ってると本物のドイツ人みたいなので良いことも👍 (ドイツ人はよくDBを皮肉ったりしています。皮肉とは言っても、悪意は感じられ無いネタのような感じです。そして、私はそんな光景が好きです。笑 )

ドイツ代表のサッカーの試合なんてあってら、アナウンスで中継です。⚽️

ライン河沿いの電車が天候のためしばらく停車していなくてはいけないことがあって、乗客は車内に缶詰。なんて普通ならいい状況では無いはずが、アナウンスで窓から見える景色のガイドが始まりました。「窓から見えるローレライの景色をどうぞ楽しみながらお待ち下さいませ。♪」みたいなこと言いながら、裏からは笑い声

 

そんな感じで今日もドイツの鉄道は平常運転してる模様です。

なんだかんだ言いながら便利でたまに面白いドイツの鉄道。結構気に入ってます😊

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. ドイツ情報

    ドイツ ワーホリ 渡独準備と到着後にする事

    渡独前と到着してからする事をまとめました。出発前の準備…

コメント

  1. 15年ぐらい前に、ドイツに住んでいたんです。車もなく(旦那が仕事で使うので 涙)子供ふたり連れての
    移動は交通機関でしたが・・・日本より楽だった記憶があります。乳母車をもっていても
    気合を入れることなく利用できたドイツのバスや電車、いまでもいい思い出しかないわ~。

    • こんにちは🙂
      ドイツにお住まいだったんですね!確かに日本だと気を使ったりする事多くて疲れますね。混んでる時間にスーツケース持って乗るだけでも気が引けた気がします。こちらだど気を使うどころか、当たり前の様に乗車時とか助けてくれますよね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村 グルメブログへ

PAGE TOP