Ausbildung / 職業学校

ドイツでの職場探しからVISA取得、正式採用まで 

アウスビルドゥング先を探すという事で書いていますが、普通の職場探しも基本は同じ感じなので参考になると思います。🙂

基本的な流れ

⒈書類の準備→⒉働きたい職場に連絡する→⒊面接→⒋インターンシップ/お試しで働く→⒌契約を交わす→⒍ビザの申請をする→⒎4ヶ月の試用期間→⒏正式採用!

ざっくりと書くとこんな感じです。ただ、この流れは原則ワーキングホリデーVISAあるいは労働許可書をすでに持っている人の流れです。ドイツでは労働許可を持っていない人の労働は禁止です。そんな事は言うまでもなくご存知だと思いますが、この労働にインターンシップとお試しアルバイトが含まれているんです。面接からいきなり採用なんてとこドイツにはほぼありません。しかも、契約が交わせてもそこからVISA発行までの期間は労働禁止です。じゃあ、どうやって仕事探すの❔となると、運を味方につけるか、知り合いの紹介か、日本の高額な斡旋会社を通すかになります。ただ、唯一できることは職場見学。見学と言い切ってインターンシップのようなことをやればチャンスはあると思います。

いろんな事を知れば知るほどVISA取得するのって難しいなって思うし、ワーホリビザのありがたみを感じます。

⒈書類の準備

必要書類

①Lebenslauf-履歴書

形式に決まりはなく、いろんなタイプのものがあるので好みの物を真似してみましょう。手本はドイツ語でMusterなのでLebenslauf musterで調べられます。私のはiPhoneに入っているPagesというアプリで作りました。ワードみたいなアプリです。

②Bewerbung-志願書

履歴書よりも厄介なのが志願書😖 ちゃんとした文章を形式的に書くのが難しい。友達とかに直しまくってもらい完成したのがこちらです。

 

③Sonstige Zeugnisse-その他の証明書(Abschlussurkunde-学校の卒業証明書、Dienstbescheinigung-勤務証明書など)

私の場合、学校の卒業証明書等用意したけど、なくても良いよと言われました。😅 確かにアウスビルドゥングには必要なさそう。提出を求められてからでも良いと思います。翻訳してもらうのに時間がかかるけど、重要じゃ無いと思うので待ってくれるでしょう。

特に役所などに提出する書類はドイツ語に認証翻訳してもらわなくてはいけない場合があります。認証翻訳とはドイツで認められた翻訳者が翻訳したという認証がついた翻訳です。文字のまんまですね。卒業証明、職務経歴書などは大体5千円くらいします。日本大使館で受け付けているけど時間がかかると聞いた為、私は個人の方に頼みました。FAXで翻訳してもらいたい書類を送り、完成品は郵送で送ってくれます。大体1週間で手元に届きました。お支払いは振込またはPayPalでできます。☞認証翻訳

この書類の一番上にくるDeckpblatt-表紙/カバーも作ります。そこには顔写真(形式は特になく、キリッとした笑顔なんかが良いと思います)自身の名前、住所、電話番号、メールアドレス、どの職業としての志願書か、志願する会社名を書きます。

Eメールで送る場合は普通にPDFなどで、手渡しか郵送をする場合はファイルに入れます。薄いビニールのじゃなくてちゃんとしたファイルです。志願書用のも売っています(右)。

⒉働きたい職場に連絡をする。

電話か直接行く、もしくはメールを書く。がよく聞く方法です。私だったらメールを選びたくなるけど、電話>直接>メールです。電話が一番良いです。メールなんて返事くれないとこも多いので、時間がかかるし期待するのも疲れます。直接行く場合①で作った書類のセットを持って行ってわたしましょう。

できる事なら自分で電話するべきなのでしょうが、頼れる人がいるなら頼りましょう。私の場合、インターネットでたまたま求人を発見し大家さんに相談したら、「今すぐ電話するべきだ!番号教えて!」となりまさかその場で電話😳 電話ではすごい勢いで私をべた褒めしてくれて、翌日面接に。しかも大家さん付き添いで。まさに保護者同伴的な感じです。そしてそのままそこに決まりました。🙂 もう、感謝しても仕切れません😭 外人局に行った時もそう、トラブルがあって大家さんに話したら即電話してくれて電話で即解決。ドイツ人同士だと全てが早いです。💨💨

青が店員さん、赤が私です。出だしだけですがこんな感じ。その先は色々です、頑張って聞き取って会話を続けてください。幸運を祈ってます👍

Bäckerei Katzenberg, guten Tag. ベッカライ カッツェンベアク、グーテンターク.

Mein Name ist Loki Schwarz, guten Tag. ich suche eine Ausbildungsplatz zum Bäcker und wollte mich bei Ihnen erkundigen, ob Sie freie Stellen haben? 《マイン ナーメ イスト ローキー シュバルツ、グーテンターク. イヒ ズーヘ アイネ アウスビルドゥングスプラッツ ツム ベッカー ウント ヴォルテ ミヒ バイ イーネン エアクンディゲン、オブ ズィー フライエ シュテレ ハーベン?》私の名前はローキーと申します、こんにちは。私は今ベッカーのアウスビルドゥング先を探していて、そちらのお店で空きが有るかを伺いたいのですが?

⒊面接

面接と言っても、軽い感じのおしゃべりをする感じです。面接まで行ったら大抵Probe Arbeit-プロべアルバイトはすることになると思います。お試しの仕事です。面接では向き不向きはわからないので、実践の動きを見ての判断になるということです。とは言っても、アツビはこれから勉強する身なので、言動とか周りと馴染めるかなどを見られる場となるでしょう。もちろん見られるだけじゃなく、自分自身もこれから働いていけるか判断する時間です。

⒋インターンシップ / お試しの仕事

ドイツ語では Praktikum-プラクティクム/Probearbeit-プロべアルバイトとなります。

Probearbeitとは仕事を試す事で、短くて1日長くても⒉週間くらいが一般的なようです。基本給料は払われなくてはいけないそうです。似た言葉でProbezeit-プロベツァイトがありますが、こちらは試用期間を意味していて、契約書を交わしてからの時間です。Probezeitについてはこちらで☞Ausbildung zum Bäcker 

Praktikumとは主に学生などがしていて、現場での実践的な体験をすることが目的です。無給の場合と有給の場合があります。私はProbearbeitを終えてから採用が決まりアウスビルドゥングが始めるまで時間があった為、その期間有給でPraktikumとして働きました。

この期間は大きなチャンスです。普通の日本人なら普通にしてればドイツではよく働く真面目な人です。その状況を見たら、大抵の場合採用になると思います。頑張りすぎなくても大丈夫です、普通にリラックスして働きましょう。

⒌契約を交わす

ここは基本受け身で大丈夫です。🙂

Arbeitsvertrag契約書を見ながらの内容確認。契約書については前回記事にて☞Ausbildung zum Bäcker

おそらく、どの健康保険組合❔Krankenkasseに入るか聞かれます。よくわからなかったので、上司にオススメはあるか聞いたら、特にないけど同じので良いかということで、私の保険はTechniker-Krankenkasseです。他にも4社くらいあった気がします。職場の人と同じので良いと思います。これは月収450€以上の人は加入義務があって、高いですが基本的な医療費は無料です。

色んな書類にサインしておしまい。

⒍VISAの申請

まず事前にAusländerbehördeかAusländeramt(外人局)でAntrag申し込み用紙をもらってきましょう。その時にアウスビルドゥングをする為のVISAを申請したいことを伝えると、何が必要かを教えてくれます。

必要書類リスト

①記入済み申し込み用紙

②パスポートのコピー

③写真 (確か2枚だったような…)

④Ausbildungsvertrag 契約書

⑤職場の上司からの手紙 なんで私を雇いたいのか書いてもらってください。例えば、過去に日本人を雇っていたことがあって皆真面目だったからまた雇いたい。募集をかけてもなかなか良い人材が来なくて困っていたところ、やっと彼が来たなどなど

⑥Mietvertrag 賃貸契約書

⑦銀行の残高証明もしくは経費負担証明書(両親や親族のよる)

ドイツの銀行口座がベストだけど、日本の口座の場合はユーロ建ての英文残高証明書を用意しましょう。家の家賃にもよりますが、10,000€あれば問題ないと思います。これはアウスビルドゥングでの給料が入るのでこの金額で大丈夫と言うことです。最近の情報だと、おおよそ月800€が生活費の基準になっているようです。それを賄えないとVISAは降りないようです。

経費負担証明書 Verpflichtungserklärung ☞詳しくはドイツ大使館のHPで

こちらがあれば、VISAの申請が大変楽になるでしょう。大抵の問題は生活費などのお金ですからね。ただ、これは東京のドイツ大使館か大阪の総領事館に保証人の親族自ら出向かなくてはならないので、住んでいる場所によっては相当不便ですよね😢

必要書類:身分証、源泉徴収票/確定申告書/納税証明書(年収400万円以上の定期収入が証明できる書類)、ドイツに滞在する人物(援助を受ける人物)のパスポートのコピー、ドイツでの滞在先もしくは留学先の名称と住所、手数料25€相当の日本円

必ず、保証者本人が言ってください。郵送は不可です。

⑧運 間違いなくこれが一番大事です。幸運を祈ってます👍

⒎Probezeit

大体の場合は4ヶ月間、アウスビルドゥングは通常8月か9月から始まるので、多くの人は年末頃までですね。この期間は即日解雇が可能なので、今思うとみんな大人しかった気がします。終わってか急激に変わっていきます。怖いですね。

⒏正規採用

本当の意味での正規採用。これでやっと落ちるいて生活ができます。🎵

まとめ

ふぅ〜、長かった。最後まで読んでくれてありがとうございます。😌

書き忘れ等あると思うので、質問等ございましたらお気軽にどうぞ🙂

 

 

 

 

 

関連記事

  1. Ausbildung / 職業学校

    Ausbildung zum Bäcker パン屋で職業訓練②

    前回☞Ausbildung zum Bäcker パン屋さんでの職業訓…

  2. Ausbildung / 職業学校

    Ausbildung zum Bäcker パン屋で職業訓練③

    前回(☞Ausbildung zum Bäcker パン屋で職業訓練②…

  3. Ausbildung / 職業学校

    Ausbildung zum Bäcker パン屋さんでの職業訓練

    はじめにAusbildung(アウスビルドゥング)と聞いても何…

  4. Ausbildung / 職業学校

    ドイツ Ausbildung 経済の授業① “Arbeitsschutz 労働者保護&…

    経済の授業はおそらくどのAusbildungでも共通の科目なので、きっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村 グルメブログへ

PAGE TOP