お役所関係

ドイツ ワーキングホリデーVISA取得

日本でワーキングホリデービザを取得してドイツに来ました✈️🇩🇪

私がドイツに来たのが2013年10月で、ビザの申請をしたのがおおよそ3ヶ月前の7月でした。

いよいよ渡独に向けて本格的に準備を! と動き出してからは、総領事館のホームページをみるなど主にインターネットを使って情報収集をしましたが、良くわからない事も多く、その上ネガティヴな情報にも惑わされ、結構困ったものです。🙁

そもそも、お役所関係の事って日常的じゃないから、それだけで緊張したり不安になったりしますよね。😖

そんなワーホリビザの申請についてまとめて見ます🙂

 

🇩🇪ドイツワーホリビザ申請方法 in東京🇩🇪

📄必要書類📄

①ウェブ版申請書をダウンロードし記入。

http://m.japan.diplo.de/Vertretung/japan/ja/03-konsular-und-visainformationen/031-visa/Antrag.html

②ビザ申請用の写真 (35×45mm)1枚

③パスポート(ビザの期限が切れた後、なお3ヶ月以上有効期限が残っていなくてはならない)

④ドイツ行き往復航空券予約の証明書(片道でも可)

⑤ドイツでの全滞在期間有効な保険に加入

⭐︎私は”アリアンツ社”の保険に加入しました。年間800€くらい。最近?日本語のサイトも出来たみたいです。

http://www.acs-ami.com/jp/globe-jp-de.php

⭐︎”Care Concept” 年間500€以下で加入可。保険タイプbasicではワーホリビザがおりないことがあるらしいので、comfortを申し込んだ方が無難でしょう。ドイツ、ボンにある会社で、申し込みはドイツ語、英語、中国語、フランス語、スペイン語…などなどとあるのですが、残念ながら日本語はありません。(´・ω・`)

https://www.care-concept.de/krankenversicherung/sprachschueler_und_studenten/auslaendische_studenten_versicherung_e-antrag.php?mail=002093000G?mail=002093000G

⭐︎ ” Stepin” 総領事館のホームページにも載っていて、日本語でのサービスなどが充実しているもよう。しかし割高。

https://www.ryokohoken.org/

⑥生活費支払い能力の証明(通帳のコピー、または金融機関発行の残高証明書)

最低2,000€必要、片道航空券のみでの申請の場合4,000€が必要。

 

必要書類はこんな感じで、

書類を揃えたら東京広尾にあるドイツ大使館に書類の提出に行きましょう!

と、その前に申請には事前予約が必要です。予約は⬇️から

http://m.japan.diplo.de/Vertretung/japan/ja/03-konsular-und-visainformationen/Appointment.html

ドイツ語/日本語って書いてあるのに、日本語無いじゃん⁉️って思うかもしれませんがご安心を。下まで見ていくとカタカナで”ビザ”とわかりやすく書いてあります☺️

予約がいっぱいで時間がかかる場合があるので、早めに予約しましょう。たたし、早くてもワーホリ開始の3ヶ月前からしか申請できないのでご注意を⚠️

 

そして、いざ申請へ!

事前予約したものの、すごく待った気がします。2〜3時間、いや、もっとかも。😭

申請自体はあっという間に終わって、2週間後くらいに再びビザの受け取りに行きました。受け取りには予約はいりませんが、やっぱり待ち時間が長い、本とか持って行けばよかったって思いました。📚

 

ワーキングホリデービザの申請はこんな感じです。簡単ですね⭐️

私はちょうど4年前にこの作業をしたのですが、なんだか懐かしいです( ^ω^ )

そわそわとワクワクが混じり合ったような感覚を覚えています。

 

これからワーキングホリデーで来られる方々の幸運を祈ってます。たくさん楽しみましょう👍

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村 グルメブログへ

PAGE TOP