Deutsch / ドイツ語

語学学校選び

語学学校って沢山あり過ぎて選ぶの大変ですよね。ネットを調べても人によって意見違うし、決めかけてる時に¨最悪だった¨なんて感想みつけちゃったりなんかしたら…😑 人によって最高だったり最悪だったり感じ方が違うのは当たり前で、さらに先生との相性、クラスの雰囲気等々絡んでくるので、行って見ないとわからないのが現実です。人の意見は参考程度にして、学校に通い始めてから ¨問題が発生した時にどう対処するか¨ が充実した学校生活をおくる為に一番重要だと思います。

私が思う学学校に通う時重要な事

①問題が発生したら直ぐに言う。例:ホームステイ先、住居に問題があったら変えてもらう。クラスを変えてもらいたい場合は相談する。など

自分のレベルに合ったクラスの授業を受ける。これは本当に重要。文法だけ理解しているとテストでは良い点を取れるので、クラスだけは上がっていてしまうけど、授業中の会話などはほとんど理解できないと言う辛い状況に陥ってしまいます。先生から言ってくれる事はほぼ無く、基本自己申請です。同じレベルに留まることは恥ずかしい事ではないですし復習も重要です。¨3ヶ月経った頃から耳が慣れてきて、会話が楽しくなってきた¨ なんて聞くけどそんな人稀です。てか、そんな人に会った事ない。ほぼ嘘です。私なんて4年近く経ってもわからない事だらけ( ;∀;) 私のドイツ語の学習スピードより、同僚や友達の私のドイツ語に対する理解力の学習スピードの方が遥かに早かったです。 そこで、日本に20年住んでいたオーストリア人の先生の優しいありがたいお言葉を紹介します。『3年くらい日本に住んでからやっと言語で困ることが減ってきた。言語習得は時間がかかる事だから焦る必要はないよ。』気長に勉強しましょう☺︎

人と比べない。これも重要。まぁ、当たり前の事だけどやってしまいがち。無意味だしストレスになってモチベーションも下がります。欧米諸国の人たちはよく喋るので、授業中ベラベラ喋り、長文のテキストを読むのも非常に早いです。初級クラスでもよく喋ります。そこで、自分だけついていけてないなんて思わないようにしましょう。案外めちゃくちゃなドイツ語で喋ってるし、テキストなんてちゃんと読んでないことも多々。気にしないで、自分が理解することに集中しましょう。

④英語が喋れない場合。英語を使って説明する先生って結構多いです。これはしょうがないと思った方が良いです。不満に思ってしまうと疲れます。ちなみに私は喋れません。たまに英語で説明してそれで終わらせようとする先生もいるので、わからない事を伝えて英語とドイツ語両方で説明してもらいましょう。何も言わないと、理解してると思われてしまいます。

⑤先生も人間である事を理解する。なんか、自分で書きながら何言ってんだろうって感じなんですが… 例えば、先生に対する不満ばっかり言ったり、ボイコットなんて言ってこない生徒なんかがいると、先生のモチベーションが下がって授業が雑になります。要求や不満等あるのなら直接言いましょう。大抵の事は会話で解決できます。

個人的な意見ですが、こんな感じの考えでいるとストレスも少なく、快適な学校生活がおくれると思います。そして、満足して楽しそうにしていると、周りの人にも恵まれいろんな場面で助けられます🙂

語学学校の紹介

私が通っていたのは☞Tandem Köln☞Carl Duisburg(cdc) Berlin で、tandemは8ヶ月(来てすぐの頃と最近)、cdcは2週間のみ。他に、こちらで知り合った人などに聞いた話なども書くので、参考にしてみて下さい。

TandemKöln

週24h  月曜日10:00-13:30、火曜〜金曜日 9:30-13:45 祝日は休みだけど、他の週への振替は無し。

1ヶ月 600€、2ヶ月 1100€、3ヶ月 1600ユーロ、以後一ヶ月ごと500€プラス *長期申し込み割引 4ヶ月 1995€、6か月 2790€

入会金 50€ / 初回教材費無料、2冊目以降 事務所または本屋さんにて購入

住居:ホームステイ もしくは シェアハウス 1ヶ月 420€ +初回のみ紹介料75€ *朝食付き60€、朝夕食付き125€ / 週

私がいた時は、スイス人、南米系の人が多かったです。日本人率は基本少なめですが、多い時もあったのでその時々で違います。

先生同士仲が良く、アットホームな雰囲気。きっちりしすぎてなく、程よくゆるい感じで私は好きでした。最後の週にテスト。

宿泊費が他の学校よりも安いです。

CDC

私が行ったのはBerlinだけど、ケルンが本校です。HPを日本語表記に出来るので詳しくはこちらを☞CDC 日本語のHP

授業料、宿泊費共に高いです。しかし、授業の質は安定して良いです。毎週小テストがあります。*ケルン校では電車の定期券で学割が使えます

大学準備や仕事の為に来てる人が多いせいか、真面目な人が多い印象でした。目的がはっきりしてる人向きだと思います。

時期によるとは思いますが、日本人率は割と多いと思います。

あと、私は行った時 担任の先生がお休みで1週間は外部委託の先生の授業を受けました。その先生は普段はGoethe-Institutで教えてるそうです。

Goethe-Institut

周りに通っていたという人が少なくて情報は少ないのですが、授業の質が良いことと高いことで有名です。1週間だけゲーテの先生の授業を受けましたが、確かに分かりやすく無駄が無い授業でした。あと、授業料は高いけど、宿泊費が安いから実質CDCとあまり変わらないと言ってる人もいました。ここも日本語表記のHPがあるので、詳しくはこちらを☞Goethe 日本語

BWS Germanlingua

München校が本校 Köln校は2015年に開講されたまだ新しい学校。日本語サイト有り詳しくはこちらを☞bws-germanlingua

授業料も宿泊料金も高め。新しい学校だからまだ安定していないのか色々と問題がある模様です。時間が経ったら改善するかもしれませんが、あまりいい評判は聞きません。

日本人も多め。日本の職業訓練(Ausbuldung)を斡旋する会社と提携しているようです。

場所は街の中心地に近く便利。

Volkshochschule (VHS)

市民学校 安いけどケルン在住者のみ受けられます。サイトはこちら☞VHS KÖLN

週4か5日で 1ヶ月おおよそ200€。クラスの人数が多い場合もあります。評判は半々。合う人もいれば二度と行かないと行ってる人も。

申し込みは直接学校で🏫

2階(日本式)/ 月曜・火曜 14:30−18:00 / 木曜 10:00-12:00  14:30-18:00  *学校が夏休みなどの休みの期間は17:00まで

申し込み

ほとんどの学校はネットで申し込みができます。簡単なので斡旋会社など通さず自身で調べて申し込みをすることをお勧めします。

初回費用を日本から支払う時、クレジットカードを使えれば良いのですが、銀行振込のみやPayPalだったら可の場合もあります。国際送金の手数料は高くて5千円前後、斡旋会社で手続き費用として10万円くらいとるところもあるので、自身でした方が良いですよね。

PayPal

☞paypal 新規申し込みは便利なのでお勧めです。振込手数料がかからないのと、安全と言われています。私は日本のクレジットカードしか持っていないけど、収入はドイツのみです。日本の銀行の残高を注意しなくてはならないので、クレジットカードを正直使いたく無いです。そこで便利なのがPayPal、引落し先をドイツの銀行に出来るので、カードを使わなくても気楽にオンライン決済ができます。使えるかどうかはお店次第なのですが、結構普及しています。例えば楽天ドイツで使用できます。

まとめ

私は個人的にTandemKölnがお勧めです。前にTandemkölnの先生が「学校のみで語学を習得するのは不可能だから、家でも勉強してね。」と言っていました。結局は勉強は自身でするもので、良い学校に高いお金を払って行ったら確実に喋れるようになるわけでは無いです。もちろん、良い先生に当たれば効率的に勉強でき、なおかつモチベーションも上がるのでベストです。学校が終わってから日本人で集まって、学校の不満や他人の批判を喋って、夜はインターネット、もちろん全て日本語、なんて人に限って上達しない事を学校のせいにしています。日本人だけでは無く、特に韓国などアジア人にその傾向が強いと感じます。せっかく学校に来ているのだから、勉強しましょう。もしくは最低限楽しみましょう。上達は感じないけど、良い思い出できたし良い友達できたって感じられれば、それはそれで良いと私は思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村 グルメブログへ

PAGE TOP